KantanBay BVE Memo

かんたんのゆめのBVE関係の更新情報・製作メモ

JRK815・817系電車 Ver5.2公開

f:id:ntfiv:20220312232929p:plain※JQProject公開 福北ゆたか線下り

f:id:ntfiv:20201225221246j:plain
※製作中 日豊線大分地区rev.2より

 

f:id:ntfiv:20220313000113p:plain

JRKの電化幹線の主力、815系・817系電車のBVE5用車両データです。

2020年末に公開した5β版から、プラグインの更新、音の追加変更、そして817系3000番台の新規追加を行っています。

今回路線への指定に合わせて若干の内容構成の変更をしています。そのため5β版とは車両フォルダのパスを変更しています。ご注意ください。

★対応車種
・815系(新VVVF・旧VVVF
・817系0番台(日立新VVVF
・817系1000番台(日立新VVVF・日立旧VVVF ※ゆたか2003用
・817系3000番台(モータ音なし)

★キーボード操作表

f:id:ntfiv:20220312233544p:plain

※仕様によりワンマンシナリオ開始時にはワンマンモードOFF、扉閉めの状態で始まります。まずワンマンモードに切り替えた後、ホーム側の扉を開けてください。

 

★JRK815・817系電車 Ver5.2βダウンロード

自動解凍形式(45MB)
7z形式(45MB)

※ブラウザによってはDL時に警告が出たりすることもありますが、うまいことやってください。

 

★シナリオ更新パッチ ダウンロード

ZIP形式(15MB)

拙作のJR日豊本線大分地区 rev.2暫定体験版への815系ワンマン運転シナリオ追加とJR福北ゆたか線(2003・上り)の車両指定を更新するパッチです。
なお、ここで公開しているパッチを導入してもBVE5 日豊本線 大分地区 rev.1で指定している車両の置き換えはしません。

 

★対応データ

●JQ Project 福北ゆたか線(3/25公開先変更)

 ●8l7R氏 日豊本線鹿児島地区

 ●拙作 日豊本線大分地区(rev.2暫定体験版) ※上のパッチ導入で対応

●拙作 福北ゆたか線(2003・上り) ※上のパッチ導入で対応

BVE5/6用 コンテナ&コンテナ車ストラクチャセット 正式版公開

f:id:ntfiv:20220306120800p:plain

f:id:ntfiv:20210711180315p:plain

f:id:ntfiv:20210711180256p:plain
EF81:サハ209氏製作 EF64-1000:中野かずさ氏制作 EF210・タキ43000:ごじきしゃ氏制作 DD13・タキ5450:InitG氏制作 DE10:P車解結可6連氏制作

f:id:ntfiv:20220306120656p:plain

f:id:ntfiv:20220306121618p:plain

www.youtube.com

20年前に狩野氏がBVE1/2用に製作したコキ104とEH500機関車をBVE5/6用にリニューアル、同時にコンテナも大幅に点数を増やし、他列車としても活用しやすい形に整備しました。
今回の正式版ではベータ版のコキ104・107・200に追加してコキ106・コキ50000の追加。そして50000系列用に国鉄型・18型の組みコンテナを追加しました。

続きを読む

BveTs Lists Helper公開

f:id:ntfiv:20220214232201p:plain

BVE5/6のストラクチャリストをはじめとして、各種リストを製作する際の補助ソフトです。登録したリストファイル(基準ファイル)からの相対パスを自動変換して取得します。以前から公開していた「Structure List Helper」の後継版となります。

基準ファイルの種類によって次のように動作が変化します。

 

★ストラクチャリストファイルを登録

f:id:ntfiv:20220214231522p:plain
[structureKey,XFile Path~]
ストラクチャリストファイルを登録すると【StructureList-Mode】になります。その状態で「Xファイル」をドラッグアンドドロップ(以下D&D)すると、ファイル名から自動的にstructureKeyを作り、ファイルパスを相対パスに変換したものを出力します。
Xファイル以外の入力は弾きます。

 

サウンドリストファイルを登録
[soundKey,WavFile Path~]
サウンドリストファイルを登録すると【SoundList-Mode】になります。その状態で「WAVファイル」をドラッグアンドドロップ(以下D&D)すると、ファイル名から自動的にsoundKeyを作り、ファイルパスを相対パスに変換したものを出力します。
※WAVファイル以外の入力は弾きます。

 

★車両サウンド定義ファイルを登録

f:id:ntfiv:20220214231444p:plain

[XXX = WavFile Path~]
サウンドリストファイルを登録すると【VehicleSoundList-Mode】になります。その状態で「WAVファイル」をドラッグアンドドロップ(以下D&D)すると、先頭に「XXX = 」を付けてファイルパスを相対パスに変換したものを出力します。
※WAVファイル以外のファイルは弾きます。

 

★運転台パネル定義ファイルを登録

f:id:ntfiv:20220214231353p:plain
[DaytimeImage/NighttimeImage = ImageFile Path~]
運転台パネル定義ファイルを登録すると【VehiclePanel-Mode】になります。その状態で「PNGBMPファイル」をドラッグアンドドロップ(以下D&D)すると、先頭に「DaytimeImage = 」を付けてファイルパスを相対パスに変換したものを出力します。なおファイル名に「_n」が入っている場合は「NighttimeImage = 」になります。
BMPPNGファイル以外のファイルは弾きます。

 

★FreeMode

f:id:ntfiv:20220214231736p:plain

Listファイル受付状態の時に適当なファイルを登録すると、そのファイルを基準として相対パスだけを出力するモードになります。
例えばシナリオファイルを登録してMapファイルなどを設定する際や、DetailManager.dllのdetailmodules.txtを編集する際などに使えると思います。

続きを読む

BVEテレポートV2 公開(路線製作用距離送信ソフト)

 

f:id:ntfiv:20220213021125p:plain

路線製作時、テキストエディタなどでBVE5/6の距離構文をコピーすると、距離を計算して指定のUDPプロトコルに送ります。BVE側でUDPプロトコルを受信する入力デバイスプラグインを使用することで、その位置に自動で移動することが可能です。

 

テスターK氏の喜びの言葉「自分の座標が迷子になる問題が解消されました」

 

〇距離コピー→BVEへ送信

f:id:ntfiv:20220213021153g:plain

〇変数定義をコピーすることにより変数にも対応

f:id:ntfiv:20220213021234g:plain

変数やDistance、一部の数学関数が入った構文にも対応しています。(完全ではありません)
普通に使ってる分には落ちたりしないと思います。優しく使ってあげてください。
なお、落ちたら再起動してください。

続きを読む

【期間限定公開】JR日豊本線大分地区 rev.2暫定体験版

 

f:id:ntfiv:20211225140152p:plain

・とりあえず特急ダイヤのみです(885系同梱)
・9月時点での完成物からパッケージしたので最新の進捗報告とは若干異なります
・まだ結構いじり足りない というか亀川~別府はほぼいじってない
・気が向いたら消します
・暫定版なので内容物の流用は全面的にお断りします

 

★JR日豊本線 rev.2暫定体験版 ダウンロード(58MB)

 

※クレジットはrev.1版を参照

今回から新たに使用させていただいている方々はこちら
・サハ209さん(車両ストラクチャ)
・横浜鉄道研究室(オルゴール)
・音読さん(アナウンス)
・建築パース.com(テクスチャ素材・3D素材)

 

競技会シナリオは9月の九州運転会用に制作したものです。
別府駅でノッチ入れた瞬間→大分駅でのPLランプ消灯までを測る感じです。
試しに自分で走ってみたら8:58(乗り心地無視なので参考タイム)

 

 

それではよいお年を…

来年はもうちょっと表向きの活動したいね… _(:3 」∠)_

BVE用ローポリハウス素材

小学生の頃。サンタさんからTOMIXEF66-100とともに、グリーンマックスの組み立て商店セットをいただいたことがあります。


なんで商店セットだったんやろな……

 

f:id:ntfiv:20201224232147p:plain

 

そんなわけで、上半期に作って完全に塩漬けになっていたBVE用ローポリハウスを思い出したので、素材として配布します。

 

f:id:ntfiv:20201224232104p:plain

f:id:ntfiv:20201224232113p:plain

f:id:ntfiv:20201224232122p:plain

f:id:ntfiv:20201224232134p:plain

建築パース.comで公開されている建物ホワイトモデルをPMXE用に再編集し、建物素材として使えるように整備したものです。
大きさやテクスチャなどは自由に改変してください。特にテクスチャは各自で個性を出してほしいので、可能であれば取り換え推奨です!

BVE5/6で読み込める配置テスト路線も同梱しています。

 

★ダウンロード(13MB)

BVE Memory Monitor ~BVEのメモリを監視するくん2~

BVE Memory Monitor

f:id:ntfiv:20200627201443p:plain

■概要
 BVE Trainsim5および6 のメモリ消費量を表示するソフトです。
 BVE Memory Sensorの後継版ソフトとなります。

■機能
 現在のBVEにおけるメモリ消費量をバーで表示します。
 このソフトを起動してBVEを起動すると自動的に現在の消費量が表示されます。
 タスクバーにおおよその消費量が表示されますので、最小化しての常駐も可能です。
 PCの空きメモリも同時監視し、空きメモリが少なくなった際(500MB)には警告を出します。
 ※運転中にメモリ消費量は大きく変化しないため、表示しっぱなしはあまり意味ありません。

BVE使用メモリ1.5GB前後と3.4GB前後で警告します。
 1.5GBはBVE5.7の制限3.4GBはBVE5.8と4GBpatch適用BVE5の制限(実測値)です。
 3.5GBを超えるデータはBVE6(64bit版)でしか読めなくなります。
 ※BVEMMはどのバージョンが立ち上がってるかの判別はできません

・空きメモリ500MB以下で警告
 右の青い枠が赤くなります。ただ実際に空きメモリが減った状態は未確認。

・使用メモリ4GB以上のデータは一旦0からのカウントに戻りますが仕様です。
 一応表示量に4096MB(4GB)を足せば出てきます。

■謝辞
 アイコンの「サメ」はICOOON MONO公開の素材を使用させていただきました。
 http://icooon-mono.com/

■履歴
 →Ver 1.00 2020/06/27
  ・本公開

 →Ver 0.00 2020/05/22
  ・Twitterで仮公開

 

 ★ダウンロード