KantanBay BVE Memo

かんたんのゆめのBVE関係の更新情報・製作メモ

JR日豊本線亀川→大分間・815系電車・885系電車公開

f:id:ntfiv:20180715205347j:plain

 

長らくお待たせしました…!

 

f:id:ntfiv:20180715202850p:plain

JR日豊本線大分地区下り 亀川→大分間と、815系近郊型電車および885系特急型電車のBVE5対応正式版を公開します。

  

BVE5データ 日豊本線 大分地区 特設サイト

運転操作やFAQ等は特設サイトに用意していますのでご確認ください。

 

大した距離でもないのに長い時間がかかってしまいましたが、ようやく別府市内を抜け出して大分市内に入り、高架化された大分駅へと滑り込むことが出来ました。

時間の関係でまだ暫定的な部分も多いですが、お楽しみいただければ幸いです。
今後も改良を続けていければと思います。

今回は様々な方のお力添えをいただき、何とか公開へと持っていくことが出来ました。
ご協力ありがとうございました!

 

●製作にお手伝いいただいた方々

●お借りした各種素材

※一部車両はランダム要素によりなかなか出てこないこともありますのでご了承ください…

 ●SpecialThanks

  • RockOn氏 (車両指定)
  • mackoy氏BVE開発者)

 

今回、日豊本線に使用している自作ストラクチャは汎用ストラクチャとしてフリー素材にしていますが、これについてはまた別途記事を起こします。とりあえずはフォルダ内のReadmeをご確認ください。(すべてDDS化していますのでPNG版も公開します)

 

とりあえず夏コミの準備に入りますので、しばらくBVEはお預けとなります…

 

大分駅の製作(配線編)

先日、日豊本線製作上の最難関の一つ、大分駅を完成させましたので、備忘録として作業手順を書いておきます。

0.配線を引くのは苦手じゃー

正直な話、配線を引くのは苦手でして、それで大分駅の製作は長いこと頓挫した状態にありました。
とはいえ、今作ってる区間大分駅に手を出さないという選択肢はありえないので、頑張って重い腰を上げねばなりません。

1.ベースを作る

最初は昔ながらの方眼紙に描いて…をやろうと思っていましたがすぐ方針転換し、航空写真トレスにしました。

f:id:ntfiv:20180713231709p:plain

まず航空写真を地理院地図やGooglemapなどから用意してきます。
板ストラクチャ自体は次の記事の要領で手軽に作れます。(PMXEに放り込むだけ)
kty-bvememo.hatenablog.jp

大きさ(スケール)を合わせるには、切り抜く際に一辺の実の長さを測っておいて、PMXEでその大きさに拡大するのが楽だと思います。
ちなみにあまり大きすぎると編集がやりづらいので1/10くらいに換算しましょう。(Xファイルへの書き出し時に10倍する)

このベースがズレていると全体のズレにつながってしまいますので、大きさは入念に調整しましょう。一か所でも幅がわかっている箇所があればその部分だけ先にBVE側で線路を入れておき、大きなズレがないか確認しておくと良いです。

f:id:ntfiv:20180713231759p:plain

大分駅の場合は昔入手した高架化についてのパンフレットに最大幅の断面図があり重宝しました。こうしたパンフレットは図書館の郷土資料コーナーなどに突っ込んであったりするので探してみると良いかもしれません。

2.BVEに設置

f:id:ntfiv:20180713232106p:plain

PMXEでXファイルを書き出したらStracture.putで設置してBVEに表示させます。
なお表示が変になってしまったらテクスチャのリサイズを行ったか確認しましょう。まれによくある。
また、BVEは設置地点から一定距離を過ぎると消える仕様になっているので、変なとこで消えてしまう場合はPMXEでうまいこと位置を調整しておくと良いです。

3.線路を引いていく

BVEに無事表示出来たらそれをトレースしていきます。

f:id:ntfiv:20180713232301p:plain

そのまま線路のストラクチャのままで作業するとベースの線路に覆いかぶさって見えなくなってしまうので、5mの半透明な棒のストラクチャを適当に作っておくと便利です。自分の場合は作業中の目印になるピンのようなものも作りました。

f:id:ntfiv:20180713232538p:plain

あとはまぁ根気でございます…

 

f:id:ntfiv:20180713233035p:plain

ちなみにこのベースは使用法的には良くないので、公開時には忘れずに削除しておきましょう。

 

(構内製作編に続く)

進捗ノート始めました

※進捗ノートのは現在ベータ版(試験運用中)のため、突然サービスが停止されることもありえます。

shinchoku.net

最近進捗ノートというものが公開されまして、BVE進捗管理に利用してみることにしました。

Twitterと紐ついているので手間などはほぼ変わらない

Twitterに雑に投げていた進捗が一か所にまとまる

・プロジェクトごとにノートを分けられる

と、なかなか便利そうです。

また、閲覧者側が「進捗どうですか」をできる機能があり、突っつかれたほうが進む自分としては結構アリではないかなと考えています。ちょっといじってそのまま放置になってるものもいろいろあるので…

shinchoku.netとりあえず現在は日豊本線の細かい追い込み作業を行っています。そう遠くないうちに公開したい…

JR福北ゆたか線(再公開版)

旧データである福北ゆたか線吉塚篠栗および815・817系電車(旧バージョン)のセットです。

2012年頃のBVE旧バージョンを対象に製作しているため、BVE5.7では信号関係等の動きがおかしくなるところもありますが修正していません。ご了承下さい。(最低限エラーは出ないように修正しています)

ダウンロード
 ・JR福北ゆたか線 吉塚篠栗
 ・815/817系電車(※旧バージョン)

運転上の注意
福北ゆたか線の運転開始時や駅ジャンプ時にATSが鳴るのは仕様です。
 通常状態に戻すにはブレーキを非常位置にした上で[Home]キーを押して下さい。

 

福北ゆたか線データについてはなかなかリニューアル作業に取り掛かれていませんでしたが、製作を引き継ぎたいという地元の方がおられましたので現在作業のほうをお任せしております。

過去に同梱していた日豊本線についてはリニューアル公開済みです。

 

kty-bvememo.hatenablog.jp

 

BVEとエイプリルフール公開

いつの間にか4/1はBVEデータの更新が盛んな日、となりました。
自分が本を作ってるからなのもありますが、何かと「〆切」に相応するものがあると、製作を進めたり逆にキリをつけたりする良い目標として作用することもありまして、夏の終わりあたりにもこういう日があるといいなぁと思いつつ。

そもそもどうして4/1に定着したのよ?
という疑問はあると思いますが、もともとは2003~2004年前後のエイプリルフールに、自分が作りかけデータを限定公開したのが始まりだったような気がします。
(正直自分も記憶が定かでは無いのですが、2005年にエイプリル公開に言及した記事があったのでそれ以前には違いないとは思います。当時を知る方、起源を主張したいわけでもないので違うぞオラァとかあればぶん殴ってください)

そのうち公開する人が増えてきて、ページごと変えてみたりする力作なども出てきましたが、自分の中ではあくまでも「完成に至らぬ中途半端なデータですが、まぁエイプリルフールなのでゆるしてくだしい☆」と、いう日にしています。

というわけで、皆様もHDDのどこかに置きっぱなしの未完成データがありましたら、クオリティにこだわらず、気軽に表に出してみてはどうでしょうか?
私もなんか公開する予定です。というかHDD漁ってたらすっかり忘れてたやつが出てきた…(日豊線と815系やらはもうちょい待ってください…)

看板みたいなのを量産出来るソフトを作りました

f:id:ntfiv:20180323224949g:plain
※動画は開発時のものです。

 

 f:id:ntfiv:20180323224320p:plain f:id:ntfiv:20180323224523p:plain

 上の看板のような「形は同じだけど書いてあること(テクスチャ)が違う」ようなストラクチャの製作支援ソフトを作りました。
 元になるXファイルと書き換えたい画像群を用意して一括でドラッグアンドドロップすると、それぞれの画像に書き換えたXファイルを生成します。
 複数のテクスチャを使用しているXファイルでは書き換えたい任意の1面を選ぶことも出来ます。

 詳細は同梱しているReadmeをご覧ください。

 ★ダウンロード

 

変数の応用① ~定型の構文セットを使い回す~

日豊線制作にあたって、出来るだけ作り進めやすいように構文の書き方をいくつか工夫してみました。
特に、踏切や架線など頻発するものについては、変数を組み合わせていろいろな場所にコピペして使えるようにしています。
いくつか例を紹介しますので自由に応用してください。

 

踏切設置セット

f:id:ntfiv:20180203175330p:plain

踏切はこのストラクチャ構文のセットを踏切中心にコピペすれば設置できるようにしています。(青い部分が変数)
変数[$FML]に踏切の長さを設定すると、警報器遮断機などの一式を具合良い感じに置いてくれるようにしています。ちなみに[$FML/2 + 0.4]の「0.4」が警報器などの間隔を調整できる係数で、値を大きくすると踏み板から更に離れるようになります。

f:id:ntfiv:20180203174938p:plain

 

架線調整セット

f:id:ntfiv:20180203174923p:plain

BVE5でRepeater構文が出来て架線柱の間隔が正確に反映できるようになりましたが、架線柱と併せて架線の長さも変えないときれいに架線柱に追従してくれません。
そのため、変数[$kasenN]で間隔を代入すれば、架線柱の間隔と架線の長さ・間隔をいっぺんに変更できるようにしています。
ストラクチャーキーを「kasen30」「kasen35」のようにすることで、「Structure['kasen'+$kasenN]」という形にしてストラクチャ自体を間隔と一緒に切り替えることが出来ます。

f:id:ntfiv:20180203175051p:plain

また、架線柱の間隔が頻繁に変わり、線路の本数も増える駅構内では、架線はRepeaterではなくStructureで配置しています。これにより架線柱を正確な位置に配置、かつ構文も見やすくすることを実現しています(5mで丸めてはいます)

f:id:ntfiv:20180203175105p:plain

ちなみに線形、架線絡み、設備…といったように、距離順にばらばらと書いていくよりは同じような種類のものはまとめて一括で書いてしまった方が構文が見やすくなり、管理がとても楽です。(後から気づいたので日豊線ではバラバラになっている区間もあったりする…)


※後で曲線制限の切り替えを別記事で書きます。

日豊本線制作状況(2018/01)

 

 あれからまた時間がたちまして、どうなっとんじゃオラァ的な問い合わせも出てきたので近況報告です。

f:id:ntfiv:20180202235532p:plain f:id:ntfiv:20180202235558p:plain

f:id:ntfiv:20180202235632p:plain

まぁ進んでいる気はします。
というか自線形自体は完成させましたので、駅回りを中心に味付け中です。
どの程度までどのように作り込むかもだいたい固まりました。
西大分駅は地元のおじさん(34)もニッコリな出来になりつつ。

まぁ出来ている場所だけ見せればはよ公開しろやとなると思いますが、踏切とかまだ作ってない小物とかも多いのでもうちょいかかります…車両も調整しないと…

時期の明言はしませんが、出来るだけ早く公開できるようには努めたいです。

f:id:ntfiv:20180202235657p:plain

ようやく見えてきた上がった先。高架化から10年経過してようやく完成できそう…