読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KantanBay BVE Memo

かんたんのゆめのBVE関係の更新情報・製作メモ

BVE5とWindows10【トラブルシューティングまとめ】

トラブルシューティング

BVE5はWindows10でも動くのは動くのですが、環境によっては動かないという話もあります。その対策についてまとめてみました。

何か他にもあれば追記します。

そもそも起動しない

DirectX End-User Runtimes (June 2010)をインストール
https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=8109

 

 起動するけど画面がおかしい

▼BVE5で画面が真っ暗になるときの対処法

qiita.com

【フリー素材】基本線路標ストラクチャセット

更新情報 更新情報-素材データ

f:id:ntfiv:20161218184642j:plain

「曲線標」「勾配標」「距離標」ストラクチャをセットにした「基本線路標ストラクチャセット」を素材として公開します。
2011年に個別に公開していたものだったんですが、埋もれまくってたのでまとめて再整備しました。

距離標に四国仕様など一部の丙型がないのですが、大きさが不明のため作れません。
とりあえずな公開に付き説明書などはないですが、ただのGM路線でも置くだけで賑やかになりますのでうまいこと使ってください。

http://kantanbay.org/bve/data/RailwaypostSet.zip

 

なおライセンス自体は鉄道トンネルストラクチャセットと同じ扱いでOKです。

 kty-bvememo.hatenablog.jp

 

音の壁を再現するテスト

路線制作TIPS

 

 

ストラクチャが走行するTrackと音だけが移動するTrackを別々に分け、トンネル部分で音のTrackだけ大きくずらすと擬似的に壁の向こうの遠くなった音を再現できます。

ただ、対向Trackが頻繁に動くと結構面倒なので、見えない範囲で線路ごと曲げてしまうのも手かも知れない。

Xファイルをテキストエディタで直接編集する

路線制作TIPS 路線制作TIPS-ストラクチャ

BVE5のストラクチャとして使用されているXファイルの中身は実はテキストファイルです。そのため、テキストエディタを使えば(複雑なものでなければ)ちょっとしたサイズ変更や色修正・テクスチャ変更なども可能です。

f:id:ntfiv:20161215202603p:plain

テキストエディタでのXファイルの編集

Xファイルテキストエディタで編集することは可能とはいえ、旧BVECSVストラクチャとは違い直接中身を編集するような想定はされていないため、可読性については厳しいものがあります。

特に点と面の情報はすべて一つにまとめられてしまうので、複雑なファイルほど直接編集するのは困難です。
そんな中でも簡単に見つけられる情報が色情報とテクスチャの情報です。

テキストエディタでテクスチャを変える
使用しているテクスチャのファイル名がXファイルの中にテキストで書かれていますので、テキストエディタ内で「.png」で検索をかければ該当箇所が出てきます。「TextureFilename」と書かれた場所がそれです。

f:id:ntfiv:20161215202615p:plain

テクスチャを変更する場合は単純にこのファイル名の部分を変更したいファイル名に書き換えればOKです。
ただし、テクスチャの貼り方を変えようとするのはちょっと難しいです。

テキストエディタで色を変える
Xファイル中で「Material」で始まる以下のような数字の羅列のある部分が色関係の設定箇所となります。

f:id:ntfiv:20161215202623p:plain

一番上の行がR/G/B/Alpha(透明)の値で、それぞれ0~1で設定します。
詳細は次の記事で解説しているのでそちらを参照のこと。

kty-bvememo.hatenablog.jp

 テキストエディタで長さ/頂点の編集

f:id:ntfiv:20161215202630p:plain

各頂点の情報は「Mesh」に書かれています。頂点情報が「x;y;z;」でそのまま記載されているので、形が複雑なものでなければそのまま修正出来るかと思います。

なお、形が複雑なものはPMXエディタを使うと分かりやすいです。

 

kty-bvememo.hatenablog.jp

 

【フリー素材】鉄道トンネルストラクチャセット

更新情報 更新情報-素材データ

f:id:ntfiv:20161218171059p:plain

f:id:ntfiv:20161218171405p:plain

鉄道トンネルをこしらえたのでフリー素材として公開します。詳細はReadmeをご覧ください。
CC-BYライセンス扱いとしますので自由に改造・再配布が可能です。ぶっちゃけ同梱テクスチャが結構微妙なのでいろいろ派生品を作っていただけると有難いです。
また、BVE用に最適化していますが、RailsimMMDBVE以外への利用も問題ありません。(使えるのかどうかは未確認)

▼本体
http://kantanbay.org/bve/data/3Drailwaytunnels.exe
▼Readme単体
http://kantanbay.org/bve/data/Readme_tunnels.pdf

DD51機関車簡易軽量化パッチ & パネルの軽量化考察

総合制作TIPS 総合制作TIPS-軽量化

f:id:ntfiv:20161215214924p:plain

4/1に〆鯖氏が公開されたDD51形ディーゼル機関車ですが、ちょっと古いPCでは厳しい動作になってしまっています。これは主にパネルのメモリ使用量が原因のようで、個人的にあまり使用しない場所などをガンガン削っていった結果、大幅に安定性が改善しました。
せっかくなので〆鯖氏に許可を頂きまして軽量化パッチとして公開します。エラーが出る人も改善するかもしれません。(あくまでも簡易軽量化なのですべてに効果があるわけではありません)

 

▼ダウンロード

http://kantanbay.org/bve/bvetool/DD51patch_nt.zip

 

・軽量化優先のため明暗も切りました。パネルの明暗は変化しませんのでご注意ください。

・右側のパネル計器全部が使用できなくなりますので、機関始動など一部の特殊動作がやりにくくなります。
 普通に運転するだけであれば特に問題はない(はず)です。

「panel1.cfg」のみの更新で他のファイルは全く弄りません。
オリジナルファイルも同梱していますので、問題あれば戻してください。

路線データの重さについてはよく話題になりますが、車両データの重さについてはあまり話題を見ないように思います。車両データも画像や音声をふんだんに使えばその分メモリを消費しますし重くなります。とはいえ、最近のPCの性能はわずか5年前のPCと比べても大きく変わっており、実は激重なデータになっていても気づきにくいのが現状です。

まぁ古いPCを使ってる方が悪いのは確かで、快適にプレイしたいなら買い換えるのが一番の早道です。というわけでとっとと買い換えろ。
…というのはまぁ簡単なのですが、やはり軽いにこしたことはないですし、弄りながら検証したデータを置いておきます。

■検証データ
都路各停氏 懐かしの山陰本線-普通客レ-825レ.txt(指定 〆鯖氏 DD51

BVE設定:800*600 描画距離800m ビューワーモードでは60fps

f:id:ntfiv:20161215214933p:plain

[1] 範囲の設定を「right=2550 bottom=1900」に変更。

 

■その他実感
・画像が4096px以上になってくると基本的につらい
・8192pxの画像をコメントアウトしただけで5FPSくらいぐっと上がった(ハンドルとか)
・インジケーター(DigitalNumber)の多用は思ったより重くなる(長い画像を読み込むため)

画像の大きさを2048pxベースにするのがかなりの軽量化になりそうですが、作者側としては手軽な対策では無いのが現状です。
効率の良い対策としては夜パネルを省いて昼パネルにだけにする、DigitalNumberの使用を減らす、でしょうか。今回のDD51のパッチはほぼこの対策がメインという感じです。
その他、WAVEファイルのの音質を44100から22050に半減させたり、モノラルにしたりしてもメモリ使用量は減ってくるはずです。

公開したは良いけど重いと言う感想が多い…、という方は試してみもよいかもしれません。

Xファイル編集にPMXEditorを使う(仮)

路線制作TIPS 路線制作TIPS-ストラクチャ 路線制作TIPS-PMXEditor

BVE用のXファイル編集にMMD用のツールPMXEditorが普通に使えたのでメモ。

f:id:ntfiv:20161208002633p:plain

続きを読む

Run音等を変数で管理する

路線制作TIPS

f:id:ntfiv:20161208160227p:plain

 

表題通り。
これだとRun音ごとにコメントの切替えが必要なので面倒だけど、includeにして別ファイルにすれば切り替えやすくなりそう。
また、変数は後に書かれた物に上書きされるので、コメントすら付けずに使う変数セットを一番最後に持ってくるという手もある。

変数名をさまざまな路線で共通化すると、この変数セットをコピペするだけで車両を他路線に持って行けるのでとても便利だと思う。

また、Run音だけでなく速度制限の切り替え等にも使える。